履歴書書き方・職務経歴書・面接対策...内定取得まで完全サポート致します。なぜ書類審査が通過できない?なぜ面接で落とされてしまう?まずはご連絡を!
 

お問い合わせは
support@careernandemo.com
履歴書書き方・転職面接対策

転職コラム

ここでは、私が転職活動してきた経験の中で面白いと思ったトピック・エピソードを、徒然なるままに書いてみました。定期的に加筆していきます。

外資系企業は高給料

業界によって程度の差はありますが、総じて外資系企業の給与水準は日系に比べて高いものとなっております。確かに、同年代の給料を比べると外資系のほうが高いというのは事実でしょう。しかし業界によってこの給与水準はかなり異なります。外資系の中でも金融関係やコンサルティング関係では比較的給与水準は高いものとなっております。しかしこの事実だけを見て、単純に外資系企業の方が給料がよいと言えるでしょうか?一概にそうとも言い切れません。

給料は、ある程度リスクに比例します。日系企業に比べると外資系企業は雇用が保障されていないというリスクがあります。特に、年齢を経るにつれて、居残ることが難しくなります。よくコンサルティング業界ではアップ オア アウトという言葉があります。ここまで極端ではないですが、少なからずこのような傾向はあり、職場環境は日系企業よりはドライです。つまりは、このようなリスクを内包しているが故に、給料が高いと言えるのです。まず、外資系企業の高い給料の裏にあるこの事実をはっきりと把握する必要があります。

また、生涯賃金も考慮すべきです。外資系企業の方がリタイアの時期が早いと考えた方が無難です。日系企業では年齢を経ても子会社への出向などの道が残されていますが、外資系企業では受け皿は殆どありません。また退職金等の制度も調べた上でどちらの給料が高いかを判断したほうがよいでしょう。外資系企業に入社するのなら、とことん給料に拘り、数年で一気にお金を貯める短期のスタンスで臨むという考え方もあります。

履歴書書き方・転職面接対策